いぼの改善には早期治療が重要【施術費用が抑えられる】

もうイボに悩まない。いつまでも触りたくなる肌へ

顔などにできるいぼの治療

顔を触る人

顔や首などのできるいぼは、皮膚科や美容整形で簡単に取り除くことができます。特にレーザーを使った治療は周辺の肌への負担も少なく痛みや出血も少ないという特徴があります。

悪化する前に治療

医者

気付いたらすぐに医師に相談しよう

気付かないうちに発生していることも多いいぼは、痛みを伴うなどの害はなくとも存在するだけで気になるものです。いぼは美容皮膚科や美容外科クリニックで除去することができますが、施術方法は複数存在していてそれぞれ特徴が異なります。まずは自分のいぼが発生した原因を探って、最適な治療方法を選ぶことが大切だといえます。いぼが発生する主な原因は、加齢による肌の変化とウィルス感染の2つが挙げられます。加齢によって発生したものは老人性いぼと呼ばれ、長年浴び続けた紫外線や肌の乾燥によって、一定の年齢を超えると大量に発生することがあります。顔や体など場所を選ばずに発生する上、はじめは1ミリ程度の小さいものでも、放置していると個数が増えたり大きくなるといった特徴があります。医療用レーザーや液体窒素、医療用ハサミによる切除といった、一般的ないぼの除去方法を用いて治療できます。いずれも安全性の高い治療方法であり、費用も数万円程度で済みます。また、痛みも少なくダウンタイムも少ないので、気軽に治療を受けることができるでしょう。しかし、いぼは除去しても繰り返し発生する可能性があるので、事前に予防することが大切です。外出時は紫外線を長時間浴びることを控えたり、肌が乾燥しないようにスキンケアをこまめに行うといったことはもちろんですが、お酒やたばこを控えて規則正しい生活習慣を身に付けましょう。老人性いぼと呼ばれていますが、若い人にも発生することは珍しくありません。老人性いぼと診断されても落ち込まずに、前向きに治療しましょう。一方、加齢ではなくウィルス感染が原因で発生するのがウィルス性いぼです。免疫力が低下している時や怪我をしている時に感染することが多いので、自宅にウィルス性いぼを持つ家族がいる場合はタオルやバスマットを使いまわさないよう注意が必要です。最初のうちは小さくとも、放置していると数が増えたり除去が難しくなる恐ろしいいぼなので、発生に気付いたらすぐに取り除きましょう。大抵は放置してもそれほど深刻な事態は引き起こさないものですが、中にはガンに発展するようなものもあります。ウィルス性いぼの場合は中心部分が黒くなっているという特徴があるので、当てはまるものを見つけたら早急に治療を受けることが大切です。いぼの治療方法としては、従来は液体窒素を押し付けて焼き切るという方法が一般的でした。しかし、痛みを伴うことも少なく皮膚に跡が残ることもあるため、近年はレーザー治療が主流となりつつあります。レーザーを用いた治療であれば、麻酔を使用して治療をするので痛みを感じることはまずありません。また、皮膚に大きいな跡が残るようなこともないので安心です。レーザー治療は美容外科クリニックで受けられるので、まずはカウンセリングを受けてみると良いでしょう。実際に施術を申し込んでも、いきなり治療に入ることはありません。テスト照射といって、本格的な治療を行う前にレーザーが肌に合うか確認をするので、より安全に治療を受けることができます。一つ5千円程度から除去できるので、気になる方は施術を受けましょう。

いぼの効果的な治療

ナース

いぼの治療にはさまざまな方法があり、レーザーを用いるもの、液体窒素を用いるもの、内服薬が代表です。それぞれの方法にメリットやデメリットがあるので複数の方法を組み合わせることもあります。

いぼを安全に除去する

カウンセリング

いぼ治療は通常、病院の皮膚科で受けられますが、顔などに手術跡を残したくない場合は美容外科が適しています。美容で培われたスキルによって、いぼを除去した後も総合的にケアすることが出来るからです。