いぼの改善には早期治療が重要【施術費用が抑えられる】

ウーマン

いぼの効果的な治療

ナース

複数の方法を組み合わせる

いぼには良性のものと悪性のものがあり、さまざまな種類があります。正しい治療方法で治療をすることで跡を残さずに治すことができることからも、皮膚科などの医療機関を受診することが大事なことであると言えます。医療機関で行ういぼの治療にはどのようなものがあるのかというと、まずはレーザーでの除去が挙げられます。これは医療用のレーザーを用いることでいぼを切除するというものです。レーザーにも種類がありますが、最も効果が高いものとして炭酸ガスレーザーがあります。いぼの大きさや深さは人によってさまざまです。炭酸ガスレーザーは削る深さなどをコントロールすることができます。そのため、いぼの大きさに合わせて治療をすることができるので周囲の皮膚に与える影響を最小限とすることが可能です。レーザーを照射する前に局所麻酔をすることから痛みを最小限とすることができ、いぼ全体を切除することができるので再発の可能性がきわめて低いことがメリットです。ただ、いぼができている部位を削ることになるので、治療を終えた後には適切なケアをする必要があります。患部は擦り傷のような状態になっていることから、レーザーで切除した後には軟膏を塗り、テープで患部を保護します。テープについても目立たないように肌色のものが使われます。テープは一日ごとに交換する必要があり、交換する度に軟膏を塗り、患部が乾かないようにすることがポイントです。テープの上からであれば化粧は可能となっています。これを繰り返すことで跡を残さずに治すことができます。逆にケアが不十分であると跡が残る可能性もあります。炭酸ガスレーザーでの切除は保険適用とはならないので全額自己負担となります。また、費用はクリニックによって異なります。種類によってはレーザーで切除することができない場合もあり、それはウイルス性のいぼです。ウイルス性のものは削ってもウイルスが残っていればどんどん広がってしまうからです。そのような種類にも効果を発揮する方法として液体窒素の使用が挙げられます。これは液体窒素を綿棒を介して患部に押し当てるものです。マイナス196度にもなる液体窒素に触れることで低温やけどを引き起こします。この方法は保険適用となることから経済的負担は少なくて済む方法です。しかしながら、痛みを感じることがある点と、一度で治ることがないことが挙げられます。数回の通院が必要です。そのゆえ、治療期間も長くなります。また、根が残ってしまう可能性もあり、再発の可能性が否定できません。内服薬で治す方法もあります。この方法は特にウイルス性のいぼで使用される方法で、体の免疫力を高める効果があり、ウイルスの活動を弱める効果があります。治療の効果を感じるには他の方法と比べてかなりの期間を要します。さまざまな方法がありますが、それぞれにメリットやデメリットが存在します。だから、複数の方法を組み合わせて治療をすることもあります。そうすることによって、それぞれの方法が持つメリットを生かすことができます。そのためにも医療機関を受診して適切な診察を受けることがポイントです。